胸キュン修行

大河くん、顔が天才です!(アイコンは大好きなイラストレーターnsnさん(@nsnnn7)からお借りしましたᙏ̤̫͚♡)

2022.01.13💗💙ラジオ

クイズイマジネーター 2022.01.13

赤組キャプテン 高城れに💜
白組キャプテン IMPACTors 佐藤新💗&鈴木大河💙

《タイトルコール&ジングル》中略

ヒ:さあこの番組はリスナーの皆さんが送ってくれたヒントや質問をスタジオの回答者が選んで正解を目指す次世代クイズ番組です!

早速出演者をご紹介しましょう、赤組キャプテンはももいろクローバーZ高城れにちゃん!

れ:はい、皆さんこんばんは!ももいろクローバーZ高城れにです!よろしくお願いしまーす!

ヒ:よろしくお願いしまーす。れにちゃん、今日は黒のパーカですね。

れ:そうですね!これは阪神タイガースの佐藤輝明選手のコラボグッズで

ヒ:顔が入ってるもんね、正面に

れ:はい!今日はこれを着てきました(放送内では話してなかったけど、放送後インスタのストーリーズで、「佐藤選手」=新くん、「タイガース」=大河くんをイメージしてそのパーカを着てきてくれたとご報告^^れにちゃんありがとう)

ヒ:可愛いですね~

れ:ありがとうございます^^笑

ヒ:暖かそうで何よりです~笑。さあ、そして白組キャプテンご紹介しましょう、初登場でございます、IMPACTorsの佐藤新くん!

佐藤:こんばんは、IMPACTors佐藤新です

ヒ:よろしくお願いしま~す

佐藤:お願いしまーす

ヒ:さあそしてもう一方!こちらも初登場でございます、IMPACTorsの鈴木大河くん!

鈴木:こんばんは!IMPACTorsの鈴木大河です!

ヒ:はぁい、よろしくおねがいしまーす。さあ、ということで、なんとですね、IMPACTorsのこのお二人はですね、ラジオ初登場です!

れ:おぉ!

佐藤:ぃやったああああ!!(噛み締めてた)

鈴木:やったね!

れ:おめでとー!!

ヒ:おめでとうございます!

鈴木:ありがとうございます!

ヒ:ついにこの日が来ました

佐藤:うれしい・・・

れ:来たねえ!

ヒ:嬉しい?ねえ^^

鈴木:えへへ

佐藤:めちゃくちゃ嬉しい!

ヒ:IMPACTors結成して何年ですか?

佐藤:1年!と、2ヶ月くらい・・・です、はい

ヒ:ですね!メンバーは、今構成は何人ですか?

佐藤:今、なな、7人で、やってます(あたふたしてて可愛い)

ヒ:7人で!(れ:おお~

ヒ:今日は代表のお二人が来てくれましたけども(れ:ようこそ~

鈴木:代表の二人です!

佐藤:一番喋らない二人が・・・

れ:あ、そうなの~?!

ヒ:グループの中でも静かな方なの?

鈴木:そうですね!MCん時とかも、1回も喋んないことも・・・(佐藤:笑笑笑)

れ:ええ?!ww

ヒ:ちょっと頼むよ、今日は!!

佐藤:えへへ、がんばります

れ:記念すべき日なんだから、今日はぁ!

ヒ:そうよ!今日はねえ、初だから!まあ、今日という日はもう二度とないわけだからね!

佐藤:や、そうですよ!

鈴木:そうですよね!記念すべき・・・

れ:だってご家族とかも聞いてるんじゃない?(ヒ:そうよ

鈴木:やばい!笑

ヒ:お父さんお母さん聞いてるんじゃない?新くん、じゃあご家族に一言!

佐藤:ち、ちょっと、頑張ります・・・(声ちっさ)

れ:頑張ろうねえ^^

ヒ:大河くんも一言!

鈴木:え~、クイズ、バシバシ、答えたいです、ガンバリマスッ(照)(「ガンバリマスッ」は早口で「ミンナガエンゴロカンテニナルッ!」感)

ヒ:あははは!大丈夫?!笑

れ:かわいいwwwww緊張してる?(←ここまじ優しいお姉ちゃんって感じの声🥺)

ヒ:リラックス、リラックス!(鈴木:リラックス、、笑

佐藤:はい、わかりました

ヒ:みんなの声が全国に流れてるよ!(れ:そうよ~?

佐藤:スゴイ・・・!笑

ヒ:ファンの皆さんもね、本当に喜んでるんじゃないですか?

れ:ね~!喜んでますね、きっと!

鈴木:いやぁ、嬉しいです

ヒ:ねえ、じゃあそんなわけでいろいろと徐々にお話を伺っていきたいと思いますけれども!

佐藤・鈴木:はい

 

ヒ:まずはね、いろいろとメールが届いております。じゃあ、新くんから行こうか!

佐藤:はい、え~ラジオネームさん!あ、ちゃちゃ、違う、間違えました

れ:wwwwwwww

ヒ:ラジオネームにも「さん」つけなくていい!

れ:落ち着いて、佐藤くん!w

佐藤:ごめんなさい、ごめんなさい

鈴木:天然、天然出てるよ!w

ヒ:天然w

佐藤:ラジオネームみかさん!

ヒ:はい!(れ:うん!

佐藤:「ヒデさん、れにちゃんこんばんは!」

ヒデさん&れにちゃん:こんばんは!

佐藤:「そして新くん、大河くん、イマジネーターへようこそ!ついに!ついに遂に!イマジネーターにIMPACTorsが!PINKyのわたしはこの日をずっと待っていました!」

ヒ:おぉ、嬉しいねえ

鈴木:ありがとうございます!

佐藤:「初ラジオが決まったときの気持ちをぜひ教えてください」

ヒ:ああ~、そうか。「イマジネーター決まりましたよ」っていうふうにいわれた時、いかがでしたか?

佐藤:もう口角上がりっぱなしでした

ヒ&れ:笑

佐藤:で、やっぱりラジオの仕事って、あの、やっぱデビューしている方の仕事のイメージがあるんですよ

ヒ&れ:なるほど

佐藤:やっぱりこれ、Jr.さんも出てたイメージはあったんですけど、やっぱりいざ決まると、なんか感慨深いものがありますねえ

ヒ:もっと先のことになるのかなって思ってたんだ?

佐藤:こんな早く経験させてもらえるなんて・・・(鈴木:笑

れ:おお~

佐藤:思いもしなかったんで・・・

ヒ:じゃあ、嬉しい?

佐藤:嬉しい!

れ:ほかのメンバーさんは何か言ってたりした?

佐藤:や、何も言ってないんですけどぉ、あの、うちのメンバーに横原って人がいるんですけど、めっちゃくちゃラジオ好きなんで

れ:おお!

佐藤:たぶん相当嫉妬してると思います

れ:あはは!

ヒ:じゃあ横原くんに一言!

佐藤:f、h、えっへっへへへ・・・ww(文字に表せられない不敵な笑い方)

ヒ:いやいやいや!笑(佐藤:すみません・・・笑

れ:ドヤってるwwwwwwww

ヒ:「くううう!(悔)」って言ってるよね、今度じゃあ来てもらおうな!

佐藤:今度来てもらいます!(れ:そうね!

ヒ:大河くんどう?

鈴木:いやもう、ドキドキがもう大きすぎて・・・

ヒ&れ:うん

鈴木:楽しみもありましたけど、IMPACTorsの中から僕ら二人っていう、このなん、なんd・・・、なに?(あたふた)

ヒ:大人しめ?

鈴木:大人しめな二人が選ばれったっていう・・・ちょっと不安ですね

ヒ:でも今日はやっぱ突破口として二人が扉を開かないといけないですから(れ:そうですよぉ!

鈴木:頑張りたいと思います・・・

ヒ:ええ、大河くんね、頑張ってよ!

鈴木:ありがとうございます!

ヒ:二人は年齢的にはいくつ?

佐藤:僕は21歳

鈴木:と、23です

ヒ:ということは、やっぱりJr.の中ではもうお兄さんの方になってくるのかな?

佐藤&鈴木:そうですね

ヒ:やっぱすごく落ち着いてるもんね?

れ:うん、落ち着いてますね!

佐藤&鈴木:あ、本当ですか、ありがとうございます

れ:大人!

ヒ:そんなドキドキしているようには実は見えないけど(れ:うん!

佐藤:いや、今テンションで!ごまかしてます

れ:ごまかしてるの?w(鈴木:だいぶ、だいぶドキドキしてます・・・笑

佐藤:だからちょっとあの、これ聞いてる人は「あれ新くんいつもとちょっと違うな」みたいな・・・

ヒ:あ、ファンの子はわかる?

佐藤:たぶんわかると思います!

ヒ:緊張感漂っちゃってるなみたいな

鈴木:ちょっとテンション高いっすね、いつもより

ヒ:テンション高いんだ

鈴木:高いっすね、新が(れ:おお~

ヒ:そっか!できればMCとかあんまり参加したくない方なんだ?

佐藤:・・・はい!笑

全員:あはは!

れ:ダメダメww

ヒ:参加して!笑(鈴木:参加して~(声ちっさ)

れ:でもね、こんな佐藤くんが聞けるのもレアですよね、そしたら

ヒ:今日二人は新たに開花して帰っていただきたいと思います

佐藤&鈴木:お願いします!

ヒ:はい、お願いします!では、れにちゃんお願いします!

れ:はい!こちらもお便り届いてます!ラジオネームことりんこさんからいただきました「れにちゃん、こんばんは」こんばんは!「あーりんがアイドルグループをプロデュースしてますよね?れにちゃんもプロデュースしてみたいという気持ちはありますか?またIMPACTorsをプロデュースしているのはタッキー社長ということでいいですか?IMPACTorsと命名したのはタッキー社長と聞いたことがあります」といお便りをいただきました!

ヒ:ということは、タッキー社長になってから初?になるんだっけ?

佐藤:初ですね

鈴木:そうですね、はい

ヒ:え、どういうふうに名前って発表されるの?

佐藤:や、歌番組のぉ、5分前に「ちょっとダメ出しあるから」って言われて

ヒ:呼ばれたの?

佐藤:はい

鈴木:楽屋に、はい

佐藤:「うわ、やべー!怒られる…!」って思って楽屋に行ったら(ヒ:うん

佐藤:ノートパソコンに「IMPACTors」ってでっかく書かれた・・・

ヒ:パカッて開いたら?

佐藤:パカッって開いて、クルッてひっくり返したら(ヒ&れ:うん

佐藤:「君たち今日から『IMPACTors』だから」って

ヒ:ドラマだねもう

れ:ドラマ!

ヒ:「うわあ!」ってなるわけ?

佐藤:いやもう「うわ!」ってなりましたね

鈴木:そん時やばかったですね、うちのメンバーに基って人がいるんですけど、もう半分くらい回ってる途中で泣き出して

ヒ:「うわ!この日だ、ついに名前が!」っていう、「Jr.」から

鈴木:基側からこう、向いてったんですよ、パソコンが

ヒ:あ、基くん先に見えちゃったの?

鈴木:そうなんですよ笑

ヒ&れ:笑

鈴木:みんなまだ見てないのにぃ、泣き出すもんだから笑

ヒ:そっか、角度が浅いところでもう見えたんだw

鈴木:見えちゃったらしいですね笑

ヒ:で、もう涙が止まらなくなっちゃった?

鈴木:もう、止まんなかったらしいです

れ:あらま(ヒ:「うわ、IMPACTorsだ~」

鈴木:もうなんか、声漏らしながら泣き始めてぇ、、(れ:あははは!

ヒ:それ本番前、もう?

鈴木:本番前です(佐藤:本番前です)もう5分前です

れ:5分前に?!

ヒ:で、そのまま本番臨むわけ・

佐藤&鈴木:はい

ヒ:で、歌うわけでしょ?

鈴木:歌いますね(佐藤:はい

ヒ:はは、気持ちとしてはもうグチャグチャだよね笑

佐藤:そうですね

鈴木:もう・・・すごい、何が何だかわからなかったです

佐藤:だから涙目で踊る人もいれば、ちょっとにやにやしながら踊る人もいるし

ヒ:あ、もう嬉しくて!(れ:そっか~)もう、それぞれなんだ!

佐藤:なんか中途半端な表情してたのだけは覚えてますね

ヒ:自分が?

佐藤:はい

ヒ:どっちの顔がいいのかなって?

佐藤:どっちの顔がいいのかなみたいな

ヒ:でも実際スーパーにはさ、IMPACTorsって放送では出てるわけでしょ?

鈴木:そうですね(佐藤:はい

ヒ:自分たちでそれは確認したの?踊りながら

鈴木:いや確認できなかったんです(佐藤:できないっすね・・・

ヒ:見えない?そんなの

鈴木:だからどう出てるかとかもわからないまんま踊ってましたね

佐藤:出てるんだろうな~って

ヒ:あとで家帰って見て、そのスーパーが入ってるってこと気づいたわけ?

鈴木:気づきましたね(佐藤:はい

ヒ:ということは、タッキーとしては、もう全て決まっていて、スタッフとは打ち合わせが全て終わっていて、本番でいきなりってことだよね(れ:すごいな~

鈴木:もうサプライズでしたね~

ヒ:サプライズだよね、でもさあ、すごいよねれにちゃん、こういうふうに後に話ができるような、いわゆるストーリーを作ってくれるってことだもんね

れ:そうですよね!それもうずっとこの先話せますからね、エピソードとして

佐藤:ありがたいです(声極小)

ヒ:もうプロデュースは始まってるってことだよね?

鈴木:そうですね、もうしていただきますね

ヒ:ということだよね。わあ、俺タッキー中学生くらいから知ってるからさあ、一緒にドラマやってたことあるのよ昔

鈴木:ええ!

ヒ:まだタッキーがデビューしたての頃よ!

佐藤:あ、そうなんですね

ヒ:もう社長でしょ!よろしくお伝えして?笑

佐藤&鈴木:わかりました笑

れ:でもこれからは、より楽しみになりますね!

ヒ:れにちゃんはプロデュースほら、あーりんがしてるわけじゃない!

れ:はい、そうですね!福島の浪江町に密着したアイドルのプロデュースをうちのメンバーの佐々木彩夏がしてるんですけど

ヒ:れにちゃんはどうなの?

れ:そうですねー!私どちらかというとプロデュースする方よりもされたい欲のほうが強いので・・・

ヒ:あんまりそういうのしたくないの?こういうメンバーで集めてこういうのやってみようみたいな

れ:やってみたいなっていう気持ちはあるんですけど、なんせもともとももクロで活動させていただいている中で、リーダーを降ろされたんですよ!

ヒ:リーダーを降ろされた?元リーダーなの?

れ:もともとリーダーだったんです!

ヒ:降格ってあんの?

れ:そうなんです!もともとリーダーだったんですけど、なんか、ちょ、頼りなかったんでしょうね笑

ヒ:向いてないねみたいな?(全員:笑

れ:向いてない!ってなったんでしょうね笑

鈴木:そんなことはないですよね笑

れ:で、途中でリーダーが交代し、現メンバー元リーダーっていうちょっとよくわからないポジションなんですけど(鈴木:へえ~

れ:なんで、あんまりこう「〇〇して」みたいな指示があんまりできないタイプで

ヒ:そっか、メンバーにもできないくらいだから、プロデュースは不可能と?

れ:そうなんでうしょね、多分まとめられないと思います笑

佐藤:優しいから

ヒ:そうだよね、優しいからだよね。IMPACTorsはどうなの?リーダーっているわけ?

佐藤&鈴木:います!

佐藤:影山くんていうメンバーカラー赤の(超想像だけど、ももクロのリーダーの夏菜子ちゃんのメンカラが赤だから、うちのリーダーも赤なんですよっていうのでメンカラまで言ったんだとしたら愛しさマシマシ)

鈴木:でも影山もぉ、そんな別に頼りがいがある感じではないですね

れ:そうなの?!笑

鈴木:ちゃんと指示とかは出しますけどぉ、リーダーっぽいかって言われたら、全然天然なんで、なんか全然その、漢字とかすごい読み間違えるしぃ、

れ:あーでもうちのリーダーもそうです

鈴木:あ、リーダーってそういう感じなんですかね?

れ:天然で漢字も読めないし

ヒ:でもそのほうが愛されるのかな?(鈴木:愛され・・・

ヒ:あんまりさ、ビシビシなりすぎても「なんか厳しいな・・・」っていうふうになっちゃうのかな

鈴木:そうですね

れ:そうなんでしょうね、きっとね

ヒ:わざと間違えてんじゃない?みんな

れ:あ!そっか!そういうことにしとこっか!笑

ヒ:丸く収めような笑(れ:そういうことにしとこ♪笑

鈴木:お願いします笑(声極小)

 

 

ヒ:さあそれではそろそろクイズにいきますか! 

全員:はーい!

ヒ:前半は「イエス・ノークイズ」です。早速ですが第一問。ある言葉が答えです、回答者の皆さんはその言葉がなにか質問してください。(中略)

れ:ちょっとラジオ初登場ということで、花を持たせたいという気持ちはあるんですけど、勝負なのでガンガン行きたいと思います!

ヒ:佐藤くんおうですか?

佐藤:とりあえずやってみます!

ヒ:鈴木くんどう?

鈴木:早めにちょっと正解して、ちょっ、緊張を解きたいですね、まだドキドキ・・・

ヒ:そっか、まだクイズやってないからね!

鈴木:まだそうなんですよ

佐藤:そうですね(れ:そっかそっか~

ヒ:こっからだからね、本番は!で、改めて「佐藤くん」と「鈴木くん」ってさぁ、日本で最も多い苗字だよね

れ:思いました!笑

佐藤:はい

ヒ:そういう選ばれ方かな、今日

鈴木:あ、もう多い1位、2位

ヒ:すごい、1位、2位だよね笑

佐藤:名字普通マンで・・・

れ:そうだよね、わたしもすごく思ってました

佐藤&鈴木:笑

ヒ:そうだよね、スゲー多いよね

佐藤:そうなんですよ・・・

ヒ:学校に結構いるよね

鈴木:いますいます笑

佐藤:同姓同名がいましたね、普通に

れ:ほんとに?!笑

ヒ:あたっちゃったんだ、同姓同名に

佐藤:何かの表彰式で呼ばれたことがあって、間違って立ち上がっちゃって・・・

ヒ:俺じゃねえのかと?笑

佐藤:俺じゃねえって・・・

ヒ:下の名前まで一緒で笑

佐藤:下の名前まで一緒でした

れ:でもね、これ聞いてくださってる方の中には「佐藤さん」・「鈴木さん」もたくさんいらっしゃるんじゃないですか!

鈴木:そうですよね~

ヒ:今日は佐藤さん鈴木さん全員参加してほしいね!

鈴木:参加してほしいです、ぜひ!(佐藤;ぜひ~

れ:強制参加でお願いします!

佐藤:ぜひお願いします!

(中略)

ヒ:第一問!ジャンルは人物キャラクターの名前です。先行は白組IMPACTorsの佐藤くん質問どうぞ!

佐藤:はい、おまるさんからです!その人はよくテレビにデていますか?

ヒ:はい、よく出ていらっしゃいます。さあ回答権移りました、赤れにちゃん。

れ:はい、ゆうまくんからです。筋肉はムキムキですか?

ヒ:人によりますね。

れ&鈴木:人による?

ヒ:回答券が移りました、白鈴木くん!

鈴木:えー、ここあらたんぱくさんからいただきました。20代ですか?

ヒ:20代の方が多いですね、さあ回答権が移りました、れにちゃん

れ:まころばけーしょんさんからです、ヒデさんはあったことがありますか?

ヒ:全員揃ってはないですね(鈴木:お?

れ:これ大ヒントじゃな~い?

ヒ:はい、もしかしたら何名かはお会いしているかもしれないですけど、全員揃ってはないですね。さあ回答権移りました、白佐藤くん!

佐藤:え~、田中さんからです。若い人に人気ですか?

ヒ:はい、若い人に人気です。さあ回答権移りました、れにちゃん!

れ:う~ん、くるくんさんからです。アイドルですか?

ヒ:はい、アイドルです。さあ回答権が移りました、白鈴木くん!

鈴木:・・・え?え~、まなけろさんからいただきました、ジャニーズのグループですか

ヒ:はい、さあこれは大変なことになってきましたよ~、回答権移りました、れにちゃん(佐藤:わかったー(声極小)

れ:佐藤くんわかったの?

佐藤:わかりました笑

れ:待って!絶対当てたいのに!

ヒ:もうある程度出ましたよ。テレビに出ている、筋肉ムキムキの人もいる、20代が多い、何名かバラバラで僕もお会いしている、若い人に人気です、アイドルです、ジャニーズです、れにちゃん!

れ:その方はKing&Princeさんですか?

ヒ:いいえ、さあ回答権が移りました、白IMPACTors佐藤くん、自信あり!

佐藤:それは7MEN侍ですか?

ヒ:いいえ!笑

れ:あ、やっちゃったね佐藤くんwww

鈴木:自信満々だったやん!!

ヒ:いいえ笑、さあ回答権移りますれにちゃん!これかなりキテるよね!

れ:やった~これかなあ??私の方には結構もう来てるんですけど、言っていいですか?それはSnow Manさんですか?

ヒ:ハイ。

れ:やったー!

鈴木:悔しい~!

佐藤:待って待って待ってこれ・・・

ヒ:だってここまで来たらSnow Manしかないんじゃない?

佐藤:これ、当てないとやばかったよね・・・笑

れ:あwwww

鈴木:やばかった笑

れ:あwおもてなしだった?ww

ヒ:だって大河くんは特に・・・?

鈴木:そうですね。あの~渡辺翔太くんに憧れてジャニーズに入ったんで・・・

ヒ:なんで出なかったの?

鈴木:ちょっと出なかったですね~・・・苦笑くうう~~~!苦笑

ヒ:おもてなしだからこれ~!

佐藤:あぁ、絶対呆れられちゃってる・・・笑

ヒ:呆れられちゃってる?だってこれピンと来ないと!これみんなの質問とか見たらほぼこれわかるでしょ?

鈴木:いやもう、わかりますね

ヒ:ですよね!笑

鈴木:それしかないっすね・・・

ヒ:20代・・・ラウールくん以外は20代ですよね?

佐藤:そっか・・・

れ:そうなんだ

鈴木:あ、そっか・・・

ヒ:だから意外と皆さん年齢は高いんですよね、Snow Man

鈴木:そうですね(食い気味)

ヒ:結構苦労してデビューしてるんですよね

鈴木:そうですよね、長いですよね

ヒ:お会いしたことあるでしょう?

鈴木:あります!

佐藤:いやもう、舞台で!

ヒ:でしょ?一緒にやったことあるでしょ?

佐藤:はい!

鈴木:ライブも見に行かせていただきました

ヒ:なのになぜ・・・

鈴木:やってしまった!笑

れ:鈴木くんはそのときは渡辺さんにさあ、こう「好きです」っていう気持ちは伝えられたの?

鈴木:あ、めっちゃめちゃ、あの伝えるんですよ!

ヒ&れ:めちゃめちゃ伝えるんだww

佐藤:めちゃめちゃ伝え過ぎなのよ笑

鈴木:めちゃめちゃ伝えて、グッズのTシャツとか、グッズのペンライトとか持って、うちわとか持ってくんですけどぉ、

ヒ&れ:うん

鈴木:あの~・・・「逆に引いた」って言われました

れ:好きすぎて?!笑

ヒ:あ、思いが強すぎて?笑

佐藤:あっはは!

鈴木:なんかもうこわ、怖いって言われました・・・笑

ヒ&れ:怖い笑

佐藤:おもすぎた笑

鈴木:ちょっと怖がられちゃいましたね・・・笑

ヒ:だからもう、雪が溶けるくらい熱かったんだろうね

鈴木:そうですね、もうめちゃめちゃ・・・笑

れ:いいことですよ!いいこと笑

ヒ:ということでIMPACTors最初の問題は獲得することができませんでした。

鈴木:ああ悔しい・・・

れ:いぇーい!

ヒ:さあ前半戦はこの対戦を繰り返します。れにちゃんいかがでしょう?

れ:いやIMPACTorsのファンの皆さんが炎上してないか心配になってきましたね

佐藤&鈴木:あはははは!

れ:いや、お前じゃないだろ!っていう!たぶん、正解するのが私じゃなかったんじゃないかなって今更後悔しています・・・笑

ヒ:でもあれじゃないですか?二人は逆にピンと来なきゃいけなかったところにいけなかったっていう

佐藤:いやそうなんです

鈴木:いやそうなんです僕らこそちょっと怖いっすね

ヒ:どうですか、佐藤くん

佐藤:いやもうクイズだめなんですよ!

ヒ:まだ一問目だから!

佐藤:いや、ちょっと頑張ります・・・!(れ:まだこれからよ

ヒ:鈴木くんどう?

鈴木:ちょっとさっきの問題ジャニーズのグループ多すぎてどれかなっていう・・・迷いが・・・笑

ヒ:だから人数とかで絞り込んでいけば

鈴木:そうですね~!

佐藤:あ、人数か!

鈴木:そうだよ

ヒ:そしたらみんな詳しいわけだから(れ:うんうん

鈴木:あ~

ヒ:何人だっけってれにちゃんはなるけど、9人とか、○人ですか?とかいえばさ!

鈴木:たしかに、たしかに(佐藤:なるほど

れ:じゃあ次に活かそうね、そういうのも

鈴木:頑張ります!

 

(中略)

れ:皆さん、赤組の応援よろしくおねがいします!

佐藤:白組の応援も、よろしくお願いします!

鈴木:お願いしまーす!

 

(中略)

れ:番組へのメッセージもお待ちしています!投稿フォームから送ってください!

佐藤:TwitterでもOKです

鈴木:ハッシュタグ「クイズイマジネーター」をつけて呟いてください!

 

ヒ:引き続き対戦へと参りましょう、では第二問!ジャンルはスポーツです、先行は赤組れにちゃん質問どうぞ!

れ:はい、え~こしあん派さんからいただきました!道具を使いますか?

ヒ:はい、使います。回答権利が移りました白組、佐藤くん

佐藤:ボールを使いますか?

ヒ:いいえ¥、ボールは使いません、回答券が移りましたれにちゃん

れ:はい!ウーロンさんからです。タイムを競いますか?

ヒ:いいえ。タイムは競いませんね(佐藤&鈴木「うん?」←文字では伝わりきらない可愛いポイント)さあ、回答権白です、鈴木くん!

鈴木:え~一般女性ゆかこさんからいただきました、オリンピック競技ですか?

ヒ:いいえ、オリンピック競技ではありません。回答権赤、れにちゃん

れ:はい、むらさきと白さんからいただきました、チームスポーツですか?

ヒ:いいえ。まあチームになることもありますけれども、基本的にチームスポーツではございません。回答権移りました、白佐藤くん!

佐藤:え~、みいさんからいただきました、武道ですか?

ヒ:はい、武道です。回答権移りました、赤れにちゃん

れ:ん~?武道ですよね?笑・・・なに佐藤くん・・・笑

鈴木:あっはっは

れ:佐藤くん、なに?

佐藤:あてないで・・・

ヒ:なんか来てる?

れ:きてますけど。。。笑

佐藤:なんか当たっちゃいそうな気がする・・・!

ヒ:武道もねいろいろね?

鈴木:そうですね、ありますね

佐藤:やばいやばい・・・

れ:うっふふ・・・wwwどうしようwwwぬああああああどうしよううううううめっちゃ自分との葛藤wwww

ヒ:これ洗礼ですよね、デビュー戦ですから

れ:ですよね!いやもうもう・・・ほんと・・・申し訳ないけども・・・いかせていただきます・・・w・・・ゆうまくんからです、ユニフォームはありますか?w

鈴木:あははははw

佐藤:・・・あれ?

ヒ:いいえ。”ユニフォーム”はないですねえ

れ:・・・ですって笑

ヒ:回答権移りました、さあ、佐藤くん!

鈴木:いけ!

佐藤:えー・・・、じゃあもう普通に行きます

ヒデ&鈴木:はい

佐藤:それは柔道ですか?

ヒ:いいえ

鈴木:嘘だろ?!www

れ:ねえ!待ってwww嘘でしょおwww

ヒ:えー笑笑笑

佐藤:え?!違うの?!

ヒ:回答権移りました、れにちゃん

れ:待ってww私たぶん今年一番の衝撃かもしれないです、今の回答ww

佐藤&鈴木:笑

ヒ:これはもう一回プレゼントしましたから

れ:そうですよね!

ヒ:あえてですから!あえてそっちにいくなら笑、れにちゃん

れ:ちょっとまって、佐藤くんがそんな事言うからさ笑

ヒ:炎上しましたよ、もうそっち(赤)回答が炎上してますよ笑

れ:そうですよ!笑

佐藤:武道でしょ?

れ:武道ですよ!もう~・・・さんちゃんからです、それは弓道ですか?

ヒ:いいえ、弓道じゃないですね。道具を使いますよ?

鈴木:笑

れ:もう私どうしたらいいの・・・笑

ヒ:道具を使いますよ?ボールは使わない、タイムは関係ない

佐藤:ハァア?!(やっと気づいた)

れ:わかった?

ヒ:オリンピック競技ではない(佐藤:ッファア!)、基本チームではなく、武道ですよね

鈴木:はいはいはい・・・笑

ヒ:ユニフォームはない、柔道ではない、弓道ではない、といえば?鈴木くん

鈴木:いや言っちゃいますね、え~、それは剣道ですか?

ヒ:お願いしますよ(テッテレー)(正解音)

れ:ほんと、お願いしますよwww

佐藤:いやもう、ごめんなさいぃぃ

ヒ:もうこれ何のためのクイズだと思ってんの笑

鈴木:あははは

佐藤:そうですよね!

ヒ:言ってくださいこれ、どういうことですか佐藤くん!

佐藤:いやぁ、もう・・・

ヒ:学生時代何やってたんですか、佐藤くん

佐藤:剣道やってました・・・

ヒ:何年やってたんですか

佐藤:9年、やってました(鈴木:笑

ヒ:9年やって・・・どのレベルまで行ったんですか?

佐藤:えっと~二段まで取りました

ヒ:二段まで取るって大変なことじゃないですか!

佐藤:うわ~~~!!!

ヒ:ねえ?(鈴木:そうですね~)これ、鈴木くん、わかってたよね?

鈴木:わかってましたね笑

佐藤:あっはは!

鈴木:もうだって、ちゃんと回してくれたのに!笑

れ:そうだよ!絶対わかってるなって思って!回したのに!まさかの!

ヒ:ねえ、あえて捨てるというねえ

れ:ねえ、びっくりだよもう!

ヒ:まあ、隣でやってたかもしれないけどね、柔道も。

佐藤:なんも言えねえ!!

ヒ:目に入ったものだったんだろうね、やってるものよりも

佐藤:そ、そうそう、そうなんですよ!(あたふた)やりすぎて、思い浮かばなくなっちゃった!

鈴木:なるほどね!

れ:どんな言い訳?!やりすぎてって!!

ヒ:だって相当やったんでしょ、もうちょっと行ったら師範とかそういうことだもんね、指導者にもなれるような(れ:すごいですね~

佐藤:自分に、まつわる、ことだったァ・・・

ヒ:サプライズというかこういうおもてなしもありますからね。鈴木くんは球技だもんね?

鈴木:そうですね、僕サッカーをずっとやってました。幼稚園生から、えっと中学3年間

れ:ねえ、モテたでしょ~?

鈴木:いや・・・!全然モテなかったですね~

れ:うっふふw

佐藤:あははww

ヒ:そっちでもすごそうだよね、なんかね、サッカーやってたらやってたでまた、なんかすごい選手になってそうな、なんかそんな感じ!(れ:う~ん!)ちょっと、今日皆さん大丈夫ですか?

鈴木:ちょっと、落ち込んでますね、佐藤が

れ:気合い入れなおそ~?ちょっと~

鈴木:次頑張ろう、次!

 

(中略)

 

ヒ:後半はヒントからイメージするある言葉を当てるクイズです。(中略)リスナーの皆さんはそのある言葉を当てるヒントを応援したいチームに送ってください

れ:皆さん赤組にヒントをお願いします!

佐藤:白組にもヒントをお願いします!(おまるさんみたいな悲痛な声w)

鈴木:お願いしまーす!笑

ヒ:それではここで一曲いきましょう。鈴木くんのリクエスト、なんですか?

鈴木:はい、えっと、V6さんのDarlingです!

ヒ:お!これはどうして?

鈴木:これはあ、あの僕が生まれて初めて聞いたジャニーズソングですね。あのー親から聞いたんですけど、この曲を歌いながら、踊りながら、着替えてたらしいですね(れ:おお~!

ヒ:それは何歳の時?

鈴木:それが、えーっと5歳くらいですね

ヒ:じゃあもうすでにその時から今日という日が約束されてたのかな

鈴木:そうなんですかね~、でもだいぶ履歴書は送りましたけどー、何回か送って・・・

ヒ:ダメだったの?

鈴木:ダメでしたね、1回目ではダメでした。

ヒ:1回目送ってダメで、どうしたの?

鈴木:で、もう1回送りましたね。

ヒ:ダメだけど、もう一回送ってみようと思ったわけ?

鈴木:そうなんですよ

ヒ:最初は何ヶ月くらいで返事きたの?返事こないんだ?

鈴木:わ~、3~3ヶ月くらいだったと思いますね

ヒ:不合格っていうのは来るの?

鈴木:いや!来ません!

れ:来ないんだ

鈴木:全くこないで~、来るか来ないかっていう

ヒ:なるほど!で、2回めっていうのは全然来なかったからもう一回やってみたの?

鈴木:そのときにぃ、ダンスが全然できなかったっていう・・・

ヒ:一回目?

鈴木:はい、悔しかったんで、ダンス習い始めて、でそっからちょっと自信ついて、二回目送ってみようと

ヒ:もっかい改めて?

鈴木:改めて送って

ヒ:そしたら?

鈴木:で、連絡きて。

ヒ:2回めで受かった?

鈴木:いやっ・・・それも、そのまま連絡来なくなっちゃって・・・で、3回目送ったと同時くらいに何かもう一回来たんですよ。で、それで、それがその・・・オーディションの日の連絡が来て・・・

ヒ:3回目の履歴書?!

鈴木:そうですね

ヒ:自分で書いて?!

鈴木:自分で書きました

ヒ:へーそうなんだ!足掛けでスタートから何ヶ月くらい経ってるの?

鈴木:でも1年くらいですかね。結構スパン短く送って、で3回目でそのままライブのリハーサルが始まってて。オーディションのつながりでそのまま始まってて。

ヒ:「逆に今度早ぇな!」みたいな

鈴木:そうなんですよ!

全員:笑

ヒ:1年も待った割には

鈴木:もうライブのリハーサルでしたね

ヒ:じゃあ今までの待った分一気に行ったんだね

鈴木:そうなんですよね~

ヒ:え、それぞれ、それは佐藤くんも違うの?

佐藤:僕はもう自分で書いて、、2回送ったんですかね

ヒ:1回めリアクションなし?

佐藤:リアクション無しで、2ヶ月経ったのにこないから、「あ、これ見てねえな~」と思って

ヒ:あ、これ埋もれちゃったなって?

佐藤:埋もれたなと思って

ヒ:俺のせいじゃないと、埋もれちゃっただけだと?

鈴木:あははは

佐藤:で、もう一回書いて送ったら、2年後くらいに来ましたね

ヒ&れ:2年?!

ヒ:え、もう2年だと忘れない?

佐藤:忘れてました!(れ:そうだよねえ

ヒ:どう思ってたの、その2年間は

佐藤:別の夢を探そうって

ヒ:ジャニーズからはなにもリアクションがないから、もうジャニーズに入るのは難しいと?

佐藤:そうですね

ヒ:じゃあもうちょっと剣道やろうだとか

佐藤:剣道やろうかとか、やっぱりこうお芝居とか好きだったので、ジャニーズとは違ったところでそういうのやろうかなとか思ってたんですけど、高校1年生の入学式?とほぼ同時くらいに来ました、FAXで

ヒ&れ:すごいですね

ヒ:全部受かったの今度は?

佐藤:受かりました、はい笑

ヒ:で、2年経って来たの?

佐藤:2年経って来ましたね~

ヒ:すごいよね、落とし物なら出てこないでしょ?

れ:出てこない!諦めちゃいますね、完全にね

佐藤:事務所の人もどういう取り方したんだろみたいな

れ:そうね、聞きたいね、今度ね

ヒ:っあー!忘れてたー!みたいな、それは2年はないよね笑

れ:そんなことはない!笑

ヒ:でもどっかにキープしてたってことだよね?

鈴木:逆にオイシイかもしんないよね、そういうの

ヒ:そっか、まだ若かったから、もうちょっとしてからでもいいかなっていうのがあったのかな?

佐藤:そうなんですかね~

れ:でもまたそこで見つけてもらえて、強運の持ち主ですよね?

鈴木:すごいな~

佐藤:や、ありがたいです

ヒ:すごいよね、で行ったら一発合格だったの?

佐藤:僕はもう一回目で、受かりました!

鈴木:すごいな~

ヒ:それでもう一緒に会うわけ?出会いは

鈴木:いやもうだいぶそっから、え~っと新が5年目だっけ?僕10年なんで、その5年間は、ほとんど一緒に仕事はしてなかったですね

ヒ:えーってことは入所したのは佐藤くん何歳?高校一年?

佐藤:15です

ヒ:で、鈴木くんは?

鈴木:僕は中1だったんで、13歳とか14歳です

ヒ:あ、中学生なんだ、じゃあまだ小さいときだったから時間かかったのかもしれないね、諦めないってことはさ、こういう結果を生むってことだよね(佐藤:あはは!

鈴木:そうですね~

佐藤:僕諦めちゃってましたけどね~笑

ヒ:でもやっぱり思いの強さがきっとどっかにあったんだよ

れ:希望の星ですねえ、諦めずに頑張りたいですね。

ヒ:今もしかしたら履歴書送って待ってる、Jr.を目指してる子がいるってことだよね

鈴木:そうですね

佐藤:そうですね、だから諦めずにね!

鈴木:ね!

佐藤:送ってほしいですよね

鈴木:送ってほしい

ヒ:でもすごいよね!一度履歴書送って返事がなかったからってもう一度行くって、やっぱり本当になりたい人しかそれやんないよね!

鈴木:大事だと思います、それは(れ:えらい!

ヒ:そういう思いって伝わるよね、だって二人がそれを実証したんだもん(れ:ねえ!

鈴木:そうです

れ:心強いですよね、そういう方がいるって

ヒ:そっか、いろんな入り方あるよね、紹介だとか、お母さんが履歴書送ったとか、友達が送った、お姉ちゃんが送ったとかよく聞くじゃない!

鈴木:はい!

ヒ:二人は自分たちで送ったんだ

鈴木:そうですね、僕らIMPACTorsはたぶんみんな自分で送ったっつってましたね

ヒ:あ、みんな自分自ら送って?

鈴木:はい

ヒ:じゃあみんな思いの強さがしっかりしたグループかもしれないよね。じゃあそんな思いで、早替えでまずこの曲を覚えたという

鈴木:ふははは!

ヒ:お着替えソング!いきますか!

鈴木:お着替えソングです・・・笑

ヒ:曲紹介ください

鈴木:はい!V6さんで、Darling!

 

(♪鈴木大河リクエスト曲:Darling♪)

 

(中略)

 

ヒ:改めて諦めちゃいけないっていうのはね、IMPACTorsが教えてくれてますよ

佐藤&鈴木:はい

ヒ;でもスゴイよね!オーディションはジャニーさんが選んで、グループ名とメンバーチョイスはタッキーっていう

鈴木:そうなんですよ

ヒ:二人の思いが一つになったグループだね

鈴木:はい

佐藤:そうですね

ヒ:新たな新時代の幕開けだね!(れ:う~ん!)楽しみですね~

(中略)

ヒ:後半戦はコトモノクイズです!あいてのキャプテンが○○しているコト・モノを当てるクイズです

れ:ここから攻めていきますからね!

佐藤:勢いに負けないように、頑張ります

鈴木:頑張りまーす

(中略)

ヒ:まずは白組キャプテン佐藤新くんの問題!

佐藤:えー僕佐藤新が、最近ドキドキしたのはなんでしょうか?

れ:それはお仕事に関係ありますか?

佐藤:あります

れ:うーん、いつ頃の話ですか?

佐藤:えーっとーー、虎者のとき・・・いつ?

鈴木:10月とか・・・

佐藤:10月とか!

ヒ:先輩グループとあることがありました

れ:一緒にライブに出たことと関係ありますか?

佐藤:いいえ!

ヒ:もっと手前です、もう一緒に立つってなったら大変んなことになっちゃう

佐藤:大変な子となっちゃう!

れ:憧れてた先輩にお会いする機会があった?

ひで&佐藤:誰ですか

れ:え!誰?!誰かって?!え?だ、誰?!どれくらいの年代かね

佐藤:20代・・・

れ:今日の会話に出た?(ヒ:ちらっと出たかな?

佐藤:ちらっと出たかな?出たかも知んない

れ:キンプリさん!キンプリさん!

佐藤:・・・の?

れ:「の」?!高橋海人くん

佐藤:平野紫耀くん!!

れ:ひらのしょーーーーくーんんんんんんん!!!!!

ヒ:あこがれの先輩?

佐藤:そうなんですよ、あのー舞台に出させていただいたときに、平野くんが見学しに来てくださって

ヒ:見に来てくれたんだ

佐藤:はい、僕もうすっごく憧れてたんで、挨拶しようと思ったんですけど。もうドキドキすしすぎて挨拶行けなかったんですけど、無理やり、あの、リーダーの影山くんに手引っ張ってもらって、あのー楽屋行って、挨拶して

ヒ:したの?

佐藤:しました(声極小)

ヒ:どんな感じだったの?リアクションは、楽屋にコンコンって入っていって

佐藤:いやもう・・・「ずっと憧れてました」って言って、「どうでした?」みたいなこと聞いて、もう日本でも!トップクラスでかっこいい平野紫耀くんが!「いや、かっこよかったよ」って言ってくれて、めっちゃくちゃ嬉しかったですね。。

ヒ:かっこよかったqよって言われたんだ

佐藤:はい、いやでももう・・・「King」でしたね・・・

れ:まさにね!

佐藤:顔もKingだし、もう体格もすごガッシリしてて・・・

鈴木:あははは

佐藤:もうラリアットとか食らったらひとたまりもなさそうな!体格もKingでした!

ヒ:やばそうなんだ笑、ああそう笑

鈴木:どんな想像よ笑

ヒ:ラリアットもらいたいくらいだった?

佐藤:はいもう、もらいたいくらいでした笑

ヒ:そっかー、そういうあこがれの先輩に挨拶するそういう瞬間があるわけだよね

佐藤:めっちゃくちゃ緊張しましたね

ヒ:みんなもそういうあこがれの先輩になっていくわけだから

れ:なっていくし、これからどんどん夢が一つずつかなっていくんだよね、こうやってね

ヒ:いろんな先輩方にあってさ、挨拶することもあるだろうし、同じ舞台に立つこととか、一緒に歌うとかあるわけでしょ!楽しみにしてます

佐藤&鈴木:ありがとうございます!

ヒ:赤組キャプテン、れにちゃんからの出題!

れ:はい!問題です!私高城れにが悔しかったコト・モノはなんでしょうか!

ヒ:随分前の話になるんですかね

れ:はい、でも時期的にはちょうど!

佐藤:それはプライベートですか?

れ:うん、プライベート

鈴木:それは、僕たちにもあり得ることですか?

れ:うん、もう蓋ロチも済んだかな!

佐藤&鈴木:「済んだ」・・・?

ヒ:みんな一定のその時期が来ますから。もう先週ですかね?

れ:そうですね!先週?今週頭くらいかな、三連休ですね

鈴木:それは成人に関わりますか?成人式とか・・・

ヒ:成人式?

鈴木:悔しかった・・・あ!成人式に出られなかった!

れ:ふふふ!正解です!はやいな~

ヒ:正解!それはどうして?もうスゴとしてたから?

れ:あの~、もう置物とかも着付けしてもらって、もう本当に、会場の手前まで行ったんですけど・・・やっぱりいろいろ迷惑かけちゃったりするかもしれないっていうのがあったんで、やめとこっか~ってなって、残念ながら出れなかったんですけど、でもその御蔭で一回事務所に行って、プロのカメラマンさんに家族で写真撮ってもらったりして。

ヒ:あ~そっか~、もうデビューしてるからね、迷惑かけちゃうっていうね

れ:でもそれはそれですごくいい思い出だったな~って思います

ヒ:そっか~その一日よく覚えてる?

れ:すごく覚えてます!なんか着付けのところで携帯なくして大騒ぎになったりだとか笑(ヒ:なんでなくしちゃうの!笑)携帯手放しちゃうんですよね笑

佐藤:わかります・・・

れ:そんなことがあって大騒ぎしたりだとか、なんか写真撮ってもらったりだとか、でもそのあとのみんなで集まる同窓会とかには参加できたので!

鈴木:あぁ~、いいっすね~

ヒ:参加できたんだ!よかったね!二人は成人式出たの?

佐藤:僕は出てないです、ちょうど舞台の稽古中だったんで

ヒ:もう仕事してたんだ

佐藤:はい、出られなかったです

ヒ:鈴木くんは?

鈴木:僕は出ました!

ヒ:あ、出た?地元の?

佐藤:うわ、いいな~

ヒ:その時は普通に出られたんだ

鈴木:で、その直前にスーツ新しく買って。で、その新しいスーツで行きましたね~。

ヒ:気持ちがこう、ピシッとした?

鈴木:しましたね笑

ヒ:ネクタイ締めてキュッと。

鈴木:初めてそのちゃんとネクタイでスーツ着たんで、なんかやっと成人になったな~って感じしましたね~

ヒ:それは友だちと会ったりとか、家族と写真撮ったりとかしたの?

鈴木:しましたね!家族とまず写真撮って、でそのあと友達とも取りましたね~

ヒ:いいもんだね、そいいうのもね

れ:いいですね!

ヒ:さあ続いていきましょう、続いては白組キャプテン鈴木くんの問題

鈴木:はい、僕鈴木大河がショックだったコト・モノはなんでしょうか!

れ:それはつい最近の出来事ですか?

鈴木:そうですね!割と最近です

れ:プライベート?

鈴木:プライベートです

ヒ:もうここ数年そんな感じかな・

鈴木:そうですね、はい。

ヒ:そろそろそういうときかもしれないね

れ:そういうとき・・・?この時代に関係あるんですか?

鈴木:この年代、年頃に

ヒ:だってもう、成人を迎えたわけですからね!

鈴木:そうですね~、もう大ヒントですね!笑

れ:えー!成人・・・それはお酒とか・・・?

鈴木:お酒ではないですね~

ヒ:なくなっちゃったほうですね!

れ:なくなっちゃったほう?

ヒ:お酒は洞、飲めるようになったけど、それはなくなっちゃったんだよね?

鈴木:なくなっちゃいましたね~

れ:え~、子供料金じゃなくなった?

ヒ:随分前からじゃない、それは

佐藤&鈴木:あははは

鈴木:もう、つい最近

れ:あ!わかった!わかったよ!お年玉がなくなった!

鈴木:正解です!

れ:やったーーーー!!!

ヒ:でもお年玉っていつまで?(れ:え~??

鈴木:あの~両親とかは、だいぶ前から、二十歳とかからなかったんですけど、おばあちゃんが、去年が最後でしたね、今年はもらえなかったです

ヒデ もういいよね?ってなったのかな?笑

鈴木 たぶん、あの〜社会人になる年〜みたいな。

ヒデ ああそっか、大人になって。

鈴木 24なんで、つぎ。(たぶん聞こえてないw)

ヒデ なるほどなるほど、いまいくつ?

鈴木 いま23で、今年24になります!

ヒデ じゃあもういいかなってなったのかな?

鈴木 もうなんもなんもなかったです

ヒデ ちょうだい!とも言いづらいよね笑

鈴木 言えなかったですね!笑

れに 逆にあげる方だよね!もうね!笑

鈴木 そうですね!

ヒデ もうだんだんあげる方に

鈴木 でもいとこにはあげました、僕が!

れに えらーい!

ヒデ もらった分はあげないとな、佐藤くんはどう?

佐藤 ぼく21歳なんですけど、親戚の方に「今年で最後ね」って言われました

ヒデ もういよいよだ!

佐藤 そういうのがきっかけで結構実感湧きますね、もう大人なんだな〜って

れに そっかそっか〜

 

(ハイハイクイズ 中略 じゃんけんするキャプテン3人と、いっこめのヒントで飛行機が導けなくて「鳩」って答えた後、2つ目のヒント聞いて「鳩な訳ねーだろ」って自分で自分にツッコむあらちと、「墓」「三角」(答えはピラミッド)で、三角をお化けの頭に巻くやつと解釈して「おばけ」って答える大河くんと、れにちゃんにじゃんけん負けて「うわー負けた!」って言う大河くんかわちぃかわちぃだった)

 

(最後の問題の答えが「銀座」で、ヒントとして「帝国劇場」が出たことから)

ヒデ 全然ピンと来なかった?

佐藤 当てずっぽうでも出てこなかったですね

鈴木 何もわかんなかったですね

ヒデ 帝国劇場はやってるんじゃない?

鈴木 やらせてもらったことあります、バックで

佐藤 俺はないか、、?

ヒデ ねえ、立ったことあるよね?良い舞台ですよ。

鈴木 銀座から

佐藤 あぁ、銀座か

鈴木 僕日比谷でした、イメージが笑

ヒデ イメージが!

れに そっちか!

ヒデ 日比谷乗り換えだったか!笑

 

(1分クイズ 中略)

 

鈴木 全然出てこなかった!

佐藤 うわーーーー!!

ヒデ 1分の短さを改めて感じたようですね?得点せーの、ドン!赤組200ポイント、白組初登場IMPACTors140ポイントで、赤組れにちゃんの勝利〜!

れに いぇーーい!!ありがとうございまーす!

鈴木 すごい・・・

ヒデ ということで赤組れにちゃんの洗礼を浴びました。れにちゃん、おめでとうございます。200ポイントいきましたけれども

れに ありがとうございます、今日ちょっと調子よかったな〜っていう気はしますね

ヒデ ええ、ええ。今回テンポ良くいけたかなってことですね、満足ですか?

れに 前回の挽回できたなって笑

ヒデ そうですよね(鈴木:あはははは)さあ、ということで初登場IMPACTorsのお二人!佐藤くんいかがでしたか?

佐藤 楽しかった〜!!また出たいです

れに よかった〜!

ヒデ クイズはどうでしたか?

佐藤 クイズはちょっとやばかったですけどー、また、いつでも呼んでください!

ヒデ いやもうお待ちしておりますよ!これもうあれだよね、家に帰って後で聞いたらさ「なんであれ答えられなかったんだ」って思うよ

佐藤 たぶん思いますね

ヒデ 鈴木くんどうだった?

鈴木 いやもう、れにさんに圧倒されちゃいましたね〜笑

れに また勝負しようね!

鈴木 ぜひぜひ!またお願いします

ヒデ ね〜、ちょっと勢いにやられたかなって感じありますけど

全員 笑

佐藤 覇気が(大河くんかな?どっち?笑)

ヒデ まあそうなんですよ、それぞれ個性のある回答をしていただいたのかなって思いますけど

れに そうですね!楽しかった!

ヒデ またお待ちしております!